クレジットカードの審査の特徴

クレジットカードを作る場合にも、カードローンを利用する場合と同様に審査を受ける必要があります。審査という名前こそ同じですが、

 

その性格や内容は基本的に別物です。


まずクレジットカードの審査というものは、

 

  • その人の引き落とし用の銀行口座が正確なものか?
  • あるいは勤務先や住所などに不備がないか?

という点に主眼がおかれています。クレジットカードも、カード会社から「お金を借りる」という点においてはカードローンとの共通点もありますが、この場合にはあくまでもショッピングとして利用した分だけが請求されるのであって、月によっては必ずしも利用しないといったケースもあります。

そのため、クレジットカードの審査そのものについては「返済能力」もさることながら、

 

確実にその分が引き落としできる状態にあるのかという点が重視される傾向にあるのです。


アコムクレジットカードの審査の特徴

それに対してカードローンの審査の場合は、返済能力についての確認が行われます。カードローンの場合は、現実問題として「お金を借りる」ことになりますので、融資を受けた分については必ず返済しなければなりません。そのため、

 

  • 住所などの身分確認はもちろんのこと
  • 勤務先や年収など

についても審査段階で確認されることになります。特に勤務先については、在籍確認がほぼ必須確認となっていますので、虚偽の申告などがあってもこの段階でばれてしまうということになります。クレジットカードもカードローンも信用によってお金を立て替えたり貸したりするわけですから虚偽の申告なんかはもってのほかですのでやめたほうがいいでしょう。ただ

 

在籍確認の電話を会社に掛けてこられては困る!


という方は沢山おられるのでそういった方はプロミスのカードローンを利用すれば解決します。プロミスでは在籍確認の電話を別の方法で確認する相談が出来ます。相談方法は、

 

  • 申込後にプロミスに電話して相談する
  • 審査後の申込内容確認の電話が掛かってきますのでその時に相談する

どちらかで相談するとオペレーターが別の方法を案内してくれます。

在籍確認の電話を別の方法で確認する相談できるプロミス

  1. プロミスレディース
    プロミス 【最短1時間融資】

    会社への在籍確認の電話が困るという悩みに唯一応えてくれるカードローンがプロミスです。申込後に掛かってくる際の電話で相談すれば、会社への電話確認以外の在籍確認を案内してくれるので、会社への電話連絡をなしにすることも可能です。

    大手消費者金融の中でも、最も金利が低く初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)もありますので利息は間違いなく軽減できます。

    銀行カードローンの審査基準と申込基準が上がってしまい、即日融資が不可能になった今、最短1時間融資在籍確認の相談も出来るプロミスが注目されています。

    プロミスのカードローンスペック

    実質年率 4.5%~17.8% 借入限度額 最高500万円

クレジットカードとカードローンとでは審査の段階で違いがある

クレジットカードの審査の場合には、この在籍確認というものは必ずしも行われるものではありませんが、カードローンの場合は返済能力が重視されるという考え方から、その勤務先で本当に働いているかどうかといった点は、返済能力をはかる上で非常に大きなポイントとなります。このように、

 

クレジットカードとカードローンとでは審査の段階で違いがあります。


が、「お金を借りる」という点については同じですので、基本的に「信用がおけない人」に対してはクレジットカードもカードローンも利用することができないという共通点があります。