アコムマスターカードは家族に内緒で作れるのか?

キャッシングは個人的な理由で個人の責任で行う行為ですから、基本的に返済も全て個人の責任です。従って、

 

キャッシングを内緒にすることはそれ程悪いこととは言えません。


そこで、アコムでは家族に内緒でアコムマスターカードを作りたい人にできる限りの配慮をしています。

 

家族に内緒でキャッシングカードを作るパターンは、妻に内緒でキャッシングカーを作る夫が最も多いと思われます。


そして、独身ビジネスマンが家族に内緒で作るパターン・夫に内緒で妻がキャッシングカードを作るパターンなど様々なパターンが考えられます。

そこで、アコムでは自動契約機の「自動契約機(むじんくん)」で契約手続をした場合には、申込書の控え・契約書の控え・アコムマスターカードは契約時にその場で渡していますから何も郵送される書類はありません。

従って、家族に内緒でアコムマスターカードを作りたい人は、自動契約機の「自動契約機(むじんくん)」で申込むのが最も確実な方法と言えます。

また、インターネットや電話で新規振込サービスを契約した場合はカードなどの送付はACサービスセンター名で送付されますから、アコムの社名が出る訳ではありません。

但し、郵送で契約した場合には、カード・契約書の控え・会員規約に関する契約書の控えなどがACサービスセンター名で送付されます。

従って、郵送での申し込みの場合はカードと契約書の控えが郵送される点が要注意と言えます。万が一、妻が開封した場合には夫婦喧嘩の種になる可能性が大いにあると言えます。

 

しかし申込時に郵送物は送らないように伝えておくか、アコムログインで設定しておけばと郵送物なしで申込もできます。


その場合は近くの自動契約機(むじんくん)(アコムマスターカードの場合はマスターカード発行自動契約機(むじんくん))でカード発行すればカード・約款を受け取ることが出来ます。

マスターカード発行自動契約機(むじんくん)はそれほど全国に多くないですが、未確認ですが店頭でアコムマスターカードは受け取れるはずです。

家族に内緒で作れるアコムマスターカード

アコムでは電話で申込から審査を完結できるので、連絡先を携帯にしておけば基本家族にばれる事はありません。

 

申込時に家の電話番号ではなく、携帯番号を入力し、その後はアコムオペレーターに家族にバレたくないよう相談してもいいのです。


カード郵送を回避する意味でも、マスターカード発行自動契約機(むじんくん)で発行することも必要になってきます。

アコムマスターカードはクレジットカードの審査に困っている方の救世主

 

アコムマスターカードはクレジットカードの審査に困っている方の救世主と呼ばれているクレジットカードです。


これは審査が甘いということではありません。クレジットカードの審査は通常クレジットカードの利用履歴(ヒストリー)がないと審査に圧倒的に不利になります。

しかしカードローン会社であるアコムは一般のクレジットカードの審査情報機関とは別の審査情報機関に属しているのでヒストリーがないと審査に圧倒的に不利になるということはありません。

またカードローン会社であるアコムは銀行の保証会社をも務める金融業者なので審査能力には定評があります。ですのでしっかりと個人の与信を審査してくれるので審査に通る確率も上がってくる訳なのですね。

しかもメリットも以下の通りたくさんありますのでお困りの方は一度審査を受けてみてほしいですね。

アコムマスターカードのメリット

アコムはもちろん、アコムマスターカドでもスマホで申込可能です。

アコムマスターカードのような審査が甘いクレジットカードは有るのか?

業者によって審査の重点ポイントに違いが有ることは事実です。従って、同一人物がA社では審査をパスしましたがB社では審査にパスできなかったということは有り得る話です。

 

しかし、申込者が5年以内の返済履歴に問題がある場合にはどこの業者に行っても審査をパスすることはできません。


例えば、5年以内に自己破産している人や任意整理や延滞などの事故があるような人です。そして、金融事故から5年以上経過した人でも、審査するかしないかは個別の業者の判断になります。審査をパスできる業者もあれば出来ない業者もある訳です。

ですので銀行のカードローンは駄目だったが、消費者金融会社のキャッシングの審査はパスしたということがある訳です。また、定職に就くことと定期的な収入があることが融資の条件ですが、パートやアルバイト或いは主婦や学生に融資するか否かは個別の業者の判断です。

 

例えば、アコムではパートやアルバイトの方で一定の収入があれば申込を受け付けていますが、受け付けていない業者も多いのです。勿論、アコム独自の審査を通過することが条件にはなりますが。


そして、その様な個別の案件は別にして審査の比較的甘い順に業者を並べると、一般貸金業者のキャッシング 低金利・消費者金融会社のキャッシング・信販会社のキャッシング・信用金庫・ネット銀行・地方銀行・信託銀行・都市銀行・三大メガバンクのカードローンとなります。

 

従って、アコムなどの消費者金融会社は比較的しっかり審査をしてくれる業者と言えます。


クレジットカードには通常フリーローン枠があり、お金を借りることが出来るようになっています。それがアコムマスターカードの場合はアコムなだけで他のクレジットカードは別の保証会社による貸し出しになります。ですからクレジットカードの審査に困ったときやクレジットカードを紛失した場合などに便利な一枚になります。

しかしクレジットカードでお金を借りるということはあまりいいことではないと思いますので預金の範囲内でクレジットカードを使うようにしましょう。

即日発行クレジットカードのアコムマスターカードは自動契約機(むじんくん)で受取

アコムマスターカードは消費者金融系のクレジットカードで、最短即日発行が可能です。アコムの申し込み基準は『20歳以上69歳以下であり、安定した収入と返済能力のある方』となっています。

 

ですから会社員はもちろん、主婦や学生あるいはパート・アルバイトの方でも申し込むことができます。


アコムマスターカードの即日発行を受けるには、インターネットサイトからの申し込みが便利です。まず、アコムの申し込みフォームにある指定項目に入力をします。その内容としては、自分の住所や氏名・自宅の種類・家族の人数・勤務先の名称や住所・収入額などがあります。

 

さらに他社からの借り入れ状況やカードの希望限度額なども申告します。


申し込みの受付と共に、審査に必要な各種書類の提出を行います。本人確認書類の例として、運転免許証か健康保険証もしくはパスポートが挙げられます。

また、借り入れ金額によっては収入証明書の提出を求められる場合があります。その時には源泉徴収票や勤務先の給与明細書などを準備します。これらの書類を携帯電話やデジタルカメラで撮影し、その画像をメールで送付すれば簡単に提出ができます。

するとアコムでは信用情報調査や勤務先への在籍確認などを行い、独自の審査基準に照らして融資の可否を判断します。審査は最短30分で終了し、それをパスすれば契約が完了します。

アコムの店頭か無人契約機『自動契約機(むじんくん)』に出向くと、すぐにアコムマスターカードを入手できます。アコムマスターカードは入会金と年会費が無料の上、ショッピングとキャッシングで便利に利用できるのが魅力です。

双方の利用合計額の上限は500万円であり、国内外のマスターカードの加盟店で利用できます。そのため、コンビニやスーパーでの買い物から海外旅行まで幅広くサポートしてくれます。さらに借り入れ方法も多彩で、アコム店頭・提携ATM・指定口座への振り込みなどが選べます。

その上、最大三カ月分の利用履歴がWEBで閲覧できるので、利用金額の把握や返済計画の立案にも役立ちます。このようにアコムマスターカードはとても利便性の高いカードです。一枚持っていれば、生活のあらゆるシーンで活用できるカードだといえます。

アコムマスターカードのデメリット

クレジットカードの機能自体は、未整備な部分を多く見つける事が出来ます。現在発行されている多くのクレジットカードには、様々な特典が付いており、便利な利用を行う事が出来ます。カード使用でショッピングをした時には、ポイントが付くというのがもっとも一般的な特典です。しかしアコムマスターカードを使用してショッピングを行ってもポイントが付く事はありません。

 

さらに支払方法についても多様性が認められておらず、自動的にリボルビング払いとなってしまいます。


リボルビング払いは便利なシステムですが、金利や手数料が掛ってしまうので、計画的に使用しなければ返済額は大きくなってしまいます。

ショッピング機能については他のクレジットカードと比較するとかなりシンプルであり、持っているだけで得をするという内容ではありません。審査に通りやすく短時間での発行が期待できるというのがアコムマスターカードの最大の魅力であり、クレジットカードを保有する事を目的としている人に向いているカードです。専業主婦の方はクレジットカードよりイオン銀行カードローンBIGがお勧めです。

クレジットカードの審査基準はバラバラ

クレジットカードを申し込む際には必ず審査が行われます。カード会社によってそのクレジットカードの審査基準はバラバラで、厳しいところもあれば甘いところもあります。

どの部分を審査しているのかについて紹介します。ここを押さえておけばほぼ審査には通るはずです。

 

審査基準の目安として挙げられるのは一定以上の収入です。どれくらい収入があるかどうかをカード会社は見ています。


会社によって審査落ちのラインは異なります。甘い所は100万もあれば審査に通りますし、厳しい所は200万くらい必要でしょう。最低でも150万くらいあれば審査には通ると思います。しかし収入以外で落とされることがあります。その1つが借金です。

額が多い人はまず審査に通りません。クレジットカードを持ちたいのであれば、借金は払いきるようにしてください。多少残っていても大丈夫です。収入さえしっかりしていれば、職業に関係なくクレジットカードを持つことが出来ます。