専業主婦はアコムを利用できるのか?

2010年に貸金業法が改正されたことで、貸付に関する取り締まりが厳しくなったのは周知の通りです。この法律が改正されるまでは、

 

  • 急な出費
  • 突然の入院
  • 手術の時

などは消費者金融のキャシングを利用していた方も多くいました。消費者金融の貸付はとても簡単だったので、多くの専業主婦の方も利用していました。

 

しかし2010年に貸金業法が改正され、総量規制が布かれてからは、専業主婦が消費者金融でお金を借りることができなくなりました。


 

もちろん総量規制の対象業者の消費者金融であるアコムも同様に、収入のない専業主婦は申込む事は出来ません。


この法律の総量規制という仕組みによって、消費者金融を含む貸金業者では年収の3分の1までの金額しか貸せなくなりました。もちろん配偶者に収入があっても、全く自分の収入のない専業主婦はアコムやその他の消費者金融でもお金を借りることはできません。

実際は総量規制には例外規定というものがあり、無収入の専業主婦でも配偶者に安定収入があれば、

 

【配偶者の借入総額+専業主婦の借入総額>配偶者の年収の三分の一+専業主婦の年収の三分の一(0円)】までは貸金業者でも貸し付けてもいいという例外規定になります。


 

なんだ・・・専業主婦でも借りれるじゃん・・・


しかしこの例外規定を貸金業者が適用するにはいくつか条件があり、多くの書類をチェックしなければなりません。

  • 収入のある配偶者の借入に対する同意書
  • 収入のある配偶者との関係を証明する書類(住民票など)
  • 借入希望額によっては収入のある配偶者の収入証明書

 

そんな書類用意すれば旦那にバレるるじゃん・・・


 

そうなんです。旦那さんにバレてしまう借入の需要がないので、どこもこの例外規定を適用した商品を持っていないので、専業主婦が申込出来ないのです。


アコムもこの流れに従って、2010年以降の新規規約で専業主婦の申込は断っています。専業主婦がアコムでお金を借りれるようになるには、

 

アルバイトやパートを始めて一定の収入を得て、専業主婦から脱皮するしかないのです。


ですから現在の時点で全く収入のない専業主婦が、アコムをはじめとする貸金業者でお金を借りることは不可能です。