アコムでは学生や主婦であっても融資を申し込むことができますが、

 

残念ながら収入のない専業主婦では、総量規制がある限りアコムに申込む事ができません。


これは総量規制も関係してくるのですが、配偶者貸付という総量規制の例外措置もありますが、アコムが採用していない為、最終的にアコムが断っている形になっています。

そのためには、パートやアルバイトなどで本人に安定した収入があるということが条件となりますが、そういったものがあればその収入をもとにアコムに申し込みをすることができるというわけです。

 

他からの借入がない状態で、なおかつ安定した収入があるということであれば、ほとんどの場合アコムから融資を受けることは可能です。


とはいえ、アルバイトやパートで得られる収入というものは決して多くはありません。アコムでお金を借りた場合には当然ながらその後の返済もする必要がありますが、学生や主婦の場合は決して多くはない収入の中から返済に充てることになります。

このうち、結婚している主婦についてはともかくとして、学生の場合は少し返済が難しいかもしれません。

 

アコムは誰でも手軽に借りることができるため、ついついその利用に歯止めがかからないようになりがちです。


ほとんどの場合、学生や主婦がアコムで借りることができる金額としては、初回契約の場合多くても10万円前後となりますが、アコムの特徴として返済した分も再び使用可能となるという点があります。

 

たとえば10万円を借りてそのうち2万円を返済した場合、その2万円については再び借りることができるようになります。


上に挙げたような話は極端な例ではありますが、アコムで借りた分は繰り返し利用できるということなので、返済と借入を繰り返せばいつまでたっても返済は終わりません。

学生や主婦がアルバイトやパートで借りることができる金額は決して多くはありません。確かに繰り返し利用ができるということは利用するうえで大きなメリットであるといえるのですが、学生や主婦がアコムでお金を借りる場合にはこの利用法はあまりおすすめできない方法といえるかもしれません。

まずは自身の状況をしっかりと把握したうえで本当に必要な金額を借り入れることがアコムを利用する上で重要となってきます。

学生がアコムに申し込める条件

 

  • 年齢が20歳以上である
  • アルバイトで安定収入がある

アコムなら電話が掛かってますがプロミスなら相談も可能

アコムでは会社に掛ける在籍確認の電話の際に、アコムの名前を出して電話してくることはありません。オペレーターの個人名で掛けてきますので、あまり会社の方にバレるという事はないかもしれません。

しかし会社の電話口の方も、これまで数々の在籍確認の電話を受けてきていますのでばれないとも限りません。そういった心配がある方は以下を読み進めていただければ対抗策を伝授しています。アコムの名前を出さないのであれば心配ないという方は、最大30日金利ゼロサービス(アコムの契約がはじめての方に限ります)もありますのでアコムに申込むのもいいでしょう。

アコムにはクレジットカード審査が心配な方に人気の消費者金融唯一のクレジットカードのアコムマスターカードもあります。

実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 最高800万円

学生ですがお金を借りることができますか?

お金を借りることについては、様々なイメージがあります。人によってはあまり良いことと考えていない人もいますし、たとえば住宅ローンなどのように、必要なものを買うための資金として考える人もいます。

お金を借りることそのものへの是非については人によって価値観が異なりますが、現実問題として長い人生においてできるだけ短期間でまとまったお金が必要になる時期というケースというものは少なからずあります。

 

これは仮に学生であっても同じことです。多くの消費者金融では、学生であっても融資が受けられるように対応しています。


かつては、消費者金融の中でも融資を行う対象として学生に門戸を開いているところは決して多くはなかったのですが、最近ではほとんどの消費者金融で学生がお金を借りることもできるようになっています。

また、消費者金融以外の銀行などが展開するカードローンでも同様に学生でもお金を借りることが可能です。ただし、銀行によっては学生を融資対象としてない場合もありますので、事前に確認しておく必要があります。

なお、学生向けに融資を行っている場合でも、未成年者の場合は基本的にお金を借りることはできません。あくまでも学生がお金を借りることができるのは、

 

  • 20歳以上であること
  • そしてアルバイトなどで安定した収入があること

が条件となります。この条件が満たされればアコムのアコムマスターカードでクレジットカードも申込可能になってきます。学生でも消費者金融や銀行を利用すればお金を借りることができるのですが、その金額については一定の制限が設けられている場合がほとんどです。

ほとんどのケースでは、10万円~20万円までと設定しており、これらの金額について消費者金融1社あたりの融資可能額として設定されているため、それ以上の金額の融資が必要な場合はレイクの即日審査など複数のところから融資を受けることになります。

ただし、複数のところからお金を借りる場合には上限の金額が低くなる場合もありますので、あまり借りすぎないようにするに越したことはありません。あくまでもお金を借りる金額については必要最小限にとどめておいたほうが良いでしょう。

学生がカードローンの申し込みをしても審査に通らない理由

最近では学生でもカードローンを利用できるところが増えてきました。消費者金融をはじめ、銀行などでもその融資対象として学生にも門戸を広げているところが多く、少しでも利用者層を拡大したいという業者側のニーズもあるのかもしれませんが、それでもお金が必要な学生からすればありがたい話かもしれません。とはいえ、

 

そんなカードローン業者での利用においても審査に通らなければ学生はお金を借りることはできません。


そして、審査に通らないというケースも少なからず出てきます。もちろん既に多額の借入がある、あるいは既存の借入における返済に問題があるという理由でカードローンの利用ができないケースというのはあります。

学生の場合も基本的には同じで、カードローンの利用ができない場合というのは上記のような原因となります。しかし、もっと根本的な理由としては借りられる金額が上限に達しているという場合です。

これはそれほど多額の借入を利用しているわけでもない、あるいは返済も滞納していないにもかかわらずカードローンの審査に通らない場合に考えられる理由です。そもそも学生の場合、

 

アルバイトで安定した収入を得ているとはいえ本業はあくまでも「学生」です。


会社員やフリーターであればともかく、学生がアルバイトで得ることができる金額というのは

 

「生活費」というよりむしろ「遊興費」に近い概念


であり、生活するための費用というのは親に頼るところが大きいのではないでしょうか。そんな状態で無担保ローンの利用をするとしても、業者からすればそれほど多くの金額を融資できるわけではありません。

たとえば消費者金融でお金を借りる場合、総量規制といって年収の3分の1を超えて融資を受けることができない制約がありますが、学生の場合は年収の3分の1に達していなくても融資を行わない場合があります。

いずれにしても、学生が借入する場合には「借りすぎ」に注意が必要であるといえるでしょう。

学生のアルバイトの面接は就職面接と同じなので攻略して消費者金融に申込もう!

就職面接と同じように考えておかないと、アルバイトの面接を通ることはできません。明らかに遊んでいるような感じを出したり、受け答えがおかしいような人は採用されません。

どうしてこの店を選んだのか、志望動機についてしっかりと話すようにしてください。

 

そして店側からの質問については正しい答えで返し、出来る限り働く意欲を持っていることを前面にアピールしてください。


これが出来ないと採用されないこともありますし、仮に面接を通ったとしても印象は良くないままになります。アルバイトと言っても仕事をすることには変わりありませんので、まずは店がどのような仕事をしているのか知っておきます。

こんな仕事をしているから応募しましたということを言っておけば、うちの店を知っているのではと考えてくれます。好印象を与えるためには、店についてある程度知っていることを証明しなければならず、情報を話してしまえば結構印象をよくできます。

またアルバイトと言っても、長期的に働きたいということを伝えておきます。短期のアルバイト限定であれば関係ありませんが、長期的にアルバイトをしたいと考えているなら、その旨を伝えておくといいでしょう。

これなら結構長い間アルバイトをしてくれるだろうと考えて、採用してくれる所も増えてきます。近年はアルバイトが不足しているような所もありますので、面接をしっかり受ければ採用されるケースもあります。とにかくまずは就職面接と同じように考えてください。

アルバイトの理想時間は理想は夕方以降

学生の方はしっかり学校へ行って、学習をすることが必要となります。そのためその時間帯にアルバイトをすることは難しいため、基本的には夕方以降にアルバイトを入れることになります。

 

夏休み中なら別ですが、基本的には夕方以降に入れるようにして、午前中等にアルバイトをする習慣を付けないようにします。


夕方以降であれば自由に時間を作ることができますし、大学であれば深夜のアルバイトも認められることになるので、そこまで苦労することは無くなります。

どちらにしろ早い時間帯にアルバイトをすることはかなり難しいこととなりますから、まずはアルバイトをしても大丈夫な時間を確保して、その上でどれくらい時間をかけるのかという話になります。明らかにアルバイトの時間が長くなりそうであれば、もう少し早めに取り組む等の考え方も必要となりますが、基本的には夕方から夜の早い時間で切り上げるような形を取ります。

大学生の場合、単位に必要無い授業であれば飛ばしてアルバイトに充てる方法も十分にあります。しかしこの場合はアルバイトのサイクルがバラバラになってしまう可能性が高くなり、思っていたようなアルバイトが出来ない可能性もあります。

時間帯をしっかり考えておくことと、出来る限り同じ時間帯から入れることによって、アルバイトをすることに安心感が生まれてきます。夕方以降であれば安心できる所も多くありますし、採用してくれるお店も結構多くあるはずです。

これは便利!学生のアコムの使い方のいい例

アコムの即日融資のおかげでクレジットカードを止められなくて済んだ

少し前になる平成23年の春ごろにアコムからの即日融資でピンチを乗り切りました。その月は飲み会や結婚式などでお金が必要になることが多く、当時会社員をしていた私のお給料はほとんど消えていました。

 

今月はちょっと使い過ぎちゃったなぁ・・・


そんな時にクレジットカード会社から連絡がありました。

 

クレジットカードの引き落としができないのですが・・・


と言われたのです。銀行口座の残高がクレジットカードの引き落とし額に足りていなかったのです。そして

 

直ぐにお金を入金してもらわないとクレジットカードを止めることになります・・・


と言われました。クレジットカードでガソリンを入れたり、物を購入したりしていたので止められるとかなり困ると思い、

 

どうしようかなぁ・・・


アコムに頼ることにしました。当時はまだスマホが一般的ではなかったので、無人契約機に行き融資して欲しいことを伝えました。

クレカの引落しのピンチには即日融資がおすすめ!

当時の職業は会社員、年収は400万円ほどあり、平日の昼間だったこともあってか審査はすぐに終わりました。時間にして30分ほどだったと思います。そしてすぐに契約をして、そこに設置してあるATMでお金を融資をしてもらうことができました。

 

こんな事に利用できるなんて!


驚くほどあっさりと即日融資してもらえたことにビックリしながらも、すぐにクレジットカード会社にお金を振り込り無事にクレジットカードを止められることなく済みました。幾度かまたアコムから融資してもらおうかなと思ったこともありましたが、

 

これは意外に良い利用方法かもなぁ・・・


くせになるといけないと思いその後は利用していません。また本当にピンチになった時にだけ利用しようと思っています。

学生が授業料を払えず困った時は?

授業料を払えない時に使う手段としてあるのがローンです。ローンにも色々な方法がありますが、一番、身近な手段としてあるの学資ローンです。学資ローンは長期での返済が用意されており、借りる立場としては大いに助かる手段でしょう。

このような学資ローンは銀行やゆうちょでもあります。特にゆうちょの場合は、昔から学資関係の貯蓄制度も充実しているので、計画的な貯金、引き出しという利用方法もあります。他にも金融公庫空の借り入れもできます。

 

但し、家族構成や世帯年収の上限枠で借りることの条件がありますので、予め調べおくことが重要です。


ここでの借り入れは授業料のみならず入学金など学校に通うための費用を全て借りることができるのが特徴でしょう。

高校、大学のみならず専門学校でさえも貸し出しの対象となるのです。これらの学資ローンは目的が明確ですから、金利が固定されており長期による返済も可能になってきます。

よって、計画的な返済の中で子供可就職して本人が返済していくという手段もあるわけです卒業後に返済していくという方法は、長い目で見て現実的なことであり教育に欠かせない費用を用立てする中では、大変助かる手段と言えるでしょう。

JAても教育ローンを取り扱っていますが、ここでは直接的な学費のみにとどまらず、下宿代という間接的に必要な費用にも使うことができるようになっています。入学後、生活費を稼ぐためのアルバイトで学校に行かなくなるという本末転倒なことを避けるにも有効な内容だと考えられます。

学生の旅行の際の上手なカードローンの利用の仕方

学生の方は時間がたくさんありますから、旅行にいきたいと思う方も多いと考えられます。しかし実際に旅行にはかなりのお金が必要になってきます。アルバイトなどをしていれば、宿代くらいは稼ぐことができるでしょうが、どうしてもお金を作るのが間に合わずに節約旅行になってしまうというケースも多いです。

そういった時におすすめなのが、カードローンの利用です。カードローンを利用すれば、旅行で遊ぶためのお金を前借りのような形で用意することができます。

 

というのも、カードローンのなかには一番最初の借り入れ時には、無利息期間がつくというものが多く存在しています。ですからその無利息期間中に借り入れをして旅行に行き、後日アルバイトのお金で返済をすれば、利息なしで旅費を増やすということができてしまうのです。


この裏技的な方法を利用すれば、旅行がもっと楽しいものになるのではないでしょうか。カードローンは学生の方でもアルバイトなどをして安定した収入があれば申し込みができますし、過去に金融事故などがない場合には学生でもカードローンの審査に通れる可能性は十分にあります。

多くの学生さんが実際に利用をされていますから、申し込みをしてみるだけでも損はないのではないでしょうか。これから旅行にいきたいと思っているものの、遊ぶためのお金に余裕があまりないという方は、ぜひともこれらのことを参考にして、旅行のために上手にカードローンを利用なさってみてください。

生活費ピンチを乗り切るためのカードローン

学生という立場で、生活費のお金に困ってしまったときにはバイトをしたりすることができるのですが、それでも間に合わないときにはカードローンを利用することが最善の方法であると思うものです。20歳以上でアルバイトをしていれば申し込みの資格を有していることになります。

注意することは学生という立場なので融資額は少なめになりますが、きちんとしたところから借りるということです。あまり聞いたことがないようなところからの誘いがあったり、多額の融資をしてくれるなどとの宣伝があっても誘いに乗らないことです。

学生という立場ではあっても、大手の金融会社は学生たちに助けを差し伸べており、そうしたところを活用することができます。

 

その大手の1つがプロミスであり、大手ゆえの安定感はピカ一です。スピード融資にも対応しているのも大きな魅力です。その次に利用したいのがアコムです。


消費者金融では大手であり、やはり知名度と経営の安定感があります。この2つを利用するメリットはなんといっても初めての利用で無利息期間があるということです。

ちょっとお金を借りて、そしてバイトの給料日後で、この期間内に返済ができれば損をすることがないのです。そしてカードローンを一度作っておけば将来急にお金が必要になる時にもいつでもカードローンを利用できることになりますし、クレジットカードにすれば、買い物も便利になります。

学生でひとり暮らしはなにかと金欠になりやすいものです。こうしたカードローンでピンチを乗り切ることを、友人や家族の手を借りずにできるのです。

絶対にやめよう!学生のアコム使い方の悪い例

パチンコにはまった学生のやめ方

パチンコは中毒性が高いのが特徴なので、一度はまってしまうと中々やめることができないという特徴があります。パチンコは中毒性が高いと共にギャンブル性も高いので、一度負けが込んでしまうと数万円や数十万円の損失になってしまうことがあります。

 

今度は勝てるかも・・・


こうなってしまうと、自分自身の生活にまで営業が出てしまいます。学生の立場だと、収入が多くはありませんので金欠になってしまいがちですし、学業が疎かになってしまうこともあります。

 

軍資金を借りれるところはないかなぁ・・・


そうなってしまうと、自身の学業にも影響が出てしまうと同時に金銭的にも厳しくなるので、何とかパチンコをやめる必要があります。

経験談に触れることもギャンブルを断つ秘訣

学生がパチンコをやめようと思っても、誘惑が強くて中々やめることができないという方もいます。パチンコのやめ方ですが、まずはパチンコ屋から距離を置くという方法があります。例えば、学校の帰り道にパチンコ屋があるとつい寄ってしまいたくなるものです。

 

何もかも失ったよぉ・・・


極力パチンコ屋を避けるようにすることで、突発的にパチンコ屋に行ってしまいたくなる気持ちを抑えることができます。根本的にパチンコをやめる方法は、パチンコで酷い人生になってしまった経験談を見るという方法があります。

 

もう二度と同じ経験はしたくない・・・


パチンコは非常にギャンブル性が高いので、破産してしまったり家庭が崩壊してしまった人は数多くいらっしゃいます。その人たちの経験談を聞くことによって、パチンコで失ってしまうものに築くことができるので、パチンコをやめることに繋がります。

学生がアコムやプロミスに申し込んだ体験談

バイトを学生ではお金が足りない!

 

学生というのは、生活をしていくのも大変なものです。私も学生の間は、お金がないので開いた時間はバイトばかりをしていたのを覚えています。バイトをしている中でも、やはり生活をするのは大変なものなんだなと実感をしました。そして、親に感謝もしました。

お金の大切さもわかりましたし、今まで生活の面でも親がしていくれていた事はたくさんあったのかなと感じてしまいました。だから、お金の事をすごく考えるようになったのです。

学生でも、学生借入もあるなんていうのを聞いたりしました。でも、その時はどんなものがあるというのを知らなかったので、利用もしませんでした。しかし、学生でも困っているような人もいるでしょうから、学生でキャッシングが利用できるというのも助かるものもあるのかなと感じてしまいます。

学生の間は、大変な部分がありますが親に甘えるような事ができないような人もいると思うのです。でも、そういう考えができるというのもすごい大人だなと思います。


学生でも借入してプレゼントできました

 

先月に引き続き、今月は少し買い物をし過ぎてしまったかなと思います。案の定、買い物のし過ぎで銀行口座の残高も光熱費などの引き落としがあったら赤字になりそうなレベルです。

取り合えず家賃と電気代や水道代などの光熱費分の残高を残しておき、今月の生活費がどれぐらいあるか確認してみました。お財布に残っている所持金を含めると約1万円。給料日までに4日ほどありますが、何とかなるでしょう。少しホッとしました。

が、大切なことを忘れていました!明後日は彼女の誕生日で、彼が以前から欲しがっていたものを購入しようと思っていたのです。サプライズでプレゼントしようと思っていたので、お金がなくて買えないなんて残念過ぎます。

だけどアルバイトをしていたのでアコムの審査に降格することができ、ちょっとですけどすぐ借りれたので助かりました。


学生でアルバイトをしてプロミスに申込んでみた

 

私は、脱毛をしたいと思っているのですが、脱毛サロンについて全然知らないような状態です。なので、これからきちんと無駄毛処理ができるようになっていきたいなと思いました。

やはり、無駄毛もちゃんときれいにしておきたいなと思ったりするのです。人に無駄毛を見られていないのか気にするのは、嫌なものだなと感じているのです。それだったら、無駄毛処理がちゃんとできればと思うようになっているのです。

無駄毛処理がきれいにできれば、これから無駄毛を気にして生活もしなくていいです。そして、日頃から無駄毛処理をする時間も短縮できるのです。結構無駄毛処理というのは、大変なものだったりします。なので、しっかりと処理をして、きれいなお肌になれればいいのかなと感じました。

先日プロミスは学生でもアルバイトをしていれば利用できるような事を聞いたので申込んでみようと思っています。いくらお肌のケアをしていても、無駄毛があると意味がないと思うので、きれいになっていければいいのかなと感じています。

永久脱毛ができるサロンに行く事で、どのぐらいきれいなお肌になっていけるのかを楽しみにしておきたいものです。