消費者金融などからお金を借り入れる際に、返済しきれないほどの借入をしてしまうケースが続出したことで、

 

総量規制によって多重債務などは減ったのかなぁ?


一定の規制を設ける必要が生じました。そこで、年収の3分の1までしか借りることができないという総量規制が導入されることとなったのです。総量規制は消費者金融などの貸金業者を対象としている規制なので、銀行での借入には適用されません。

消費者金融に与えた影響とは?

消費者金融で多重債務に陥ってしまう人を減らす目的で導入された規制なのです。消費者金融では総量規制が導入される前のように気軽に貸し出すことができなくなった為、審査を厳しくしたり、収入証明書の提出を求めたりするようになりました。

 

多重債務者は減少傾向にあり、消費者金融の「サラ金」のイメージも無くなりつつあります。


総量というのは他社での借入も合わせるということなので、申込時点での借金の有無を確認しなければならないのです。

 

専業主婦の場合も借りれないのかなぁ・・・


また、専業主婦のように収入のない人には貸し出すことができなくなっています。専業主婦の場合は、総量規制の適用を受けない銀行で借りることになります。

銀行に与えた影響とは?

銀行は総量規制の適用対象外となっているため、直接的な影響はありませんが、おまとめローンや借換えの需要は増えています。消費者金融で借り入れる場合でも全てが総量規制の対象となっているわけではないことに注意が必要です。たとえば、

 

  • 不動産ローン
  • 自動車ローン
  • 緊急医療費の貸付
  • 個人事業者への貸付

などがあります。専業主婦の場合でも一切の借入が認められないわけではありませんが配偶者の同意を得て配偶者との年収を合算した3分の1迄借入可能となる配偶者貸付の場合は取扱いのない消費者金融が殆どです。

総量規制とプロミス・アコム・SMBCモビットの対応

銀行のカードローンは銀行法で規制されるので総量規制は適用されない

総量規制とは、2010年から施行されている現在の改正貸金業法によって導入された、個人への貸付けに対して年収の1/3を限度とする規定です。この規定の対象になるのは貸金業法が適用される金融業者で、消費者金融は全てそれに当たります。

 

消費者金融と呼ばれるプロミス・アコム・SMBCモビットも貸金業者なので、この総量規制の対象業者です。


銀行からの借入れにはこの貸金業法ではなく、別の銀行法という法律が適用されます。

 

よって、この総量規制は適用されません。


総量規制が適用される金融業者からの借入れでも、その対象とはならない借入れがあります。それは借入れを行ったお金の使い道が決められている、目的別ローンと呼ばれる各種の借入れです。

 

これには結婚資金として利用するブライダルローンや、医療費に利用する為のローンなどがあります。


これらは原則的に返済専用のローンで、利用するには通常のフリーキャッシングとは別の審査を受ける必要があります。

総量規制の例外とはどんな場合になるのか?

 

また、おまとめローンと呼ばれる、借り手が一方的に有利になる借換え用のローンは、この総量規制の例外となります。


プロミスは最高で500万円まで、アコム・SMBCモビットでは最高で800万円までの融資を行っていますが、借入れ金額に関わらず、全てフリーキャッシング扱いになります。

その為、どのような理由でお金を借りる場合でも、総量規制が適用されます。他社からの借換えとして利用することも可能ですが、借換え専用のおまとめローンの扱いにはならない為、その場合でも年収の1/3を超える借入れは行えません。

 

総量規制の範囲を超えて借り換える、まとめるには、総量規制の例外が適用された借り換え専用ローンに申し込む必要があります。


  • プロミス・・・貸金業法に基づくおまとめローン
  • アコム・・・貸金業法に基づく借換え専用ローン

以上のような総量規制の例外が適用された借り換え専用ローンが用意されています。

事業者向けローンも総量規制の例外となる

個人としてではなく、個人事業主として借入れを行う事業者向けローンというものがあります。これも総量規制の例外となる借入れの1つで、フリーキャッシングより高額の借入れを行えます。

 

プロミス・アコムでは取り扱いはありますが、・SMBCモビットではこのローンは扱っていません。


その為、SMBCモビットから個人事業主の人が借入れを行う場合、必ず個人としての契約になり、総量規制の範囲内で利用することになります。ですが、一般のフリーキャッシングは、事業資金としての利用は認められていない場合がほとんどです。

プロミス・アコムで事業者向けローンで申し込みの場合は、

 

  • プロミス・・・自営者カードローン
  • アコム・・・ビジネスサポートカードローン

に申し込むようにしましょう。