アコムでは収入のない専業主婦は申込めない

収入のない専業主婦の方がキャッシングしたい場合は、基本的に銀行のカードローンを利用することになります。なぜなら、

 

総量規制によりアコムのような消費者金融は収入のない専業主婦には申込受付してくれません


ので、利用する場合は貸金業法で規制されていない銀行を利用するしかないのです。普通の銀行カードローンももちろん収入のない専業主婦の申込は出来ませんが、、数少ない専業主婦申込可能な旦那の会社に要らぬキャッシング業者からの電話が入ってしまうことになります。

更には、昨今の自己破産者の増加傾向が銀行カードローンの貸付残高の増加の為、つまり銀行の貸し過ぎによるものと金融庁に断定されましたので、

 

メガバンクを中心とした銀行カードローンでは与信のない専業主婦の申込受付けを自粛していますのでほぼできません。


どの銀行カードローンで専業主婦の申し込みが可能なのかというと、全銀連との関係が薄い地方銀行やネット銀行のカードローンで一部あります。ですので、

 

配偶者(旦那)に内緒でカードローンで借りることも一応可能なんです。ただし、銀行カードローンは2018年より申込時に警察庁の反社会勢力データベースに参照しなければならない為、全銀行即日融資は不可能になっています。


専業主婦が申込めるキャッシングは現在ありません

専業主婦が申込める中で即日融資を狙うのは、全銀行カードローンが即日融資不可能となった現在では無理です。対策としては、

 

今すぐ必要になる前に前もって専業主婦でも申込める地方銀行カードローンに申込んでおくか、旦那さんに相談して許可をもらって配偶者貸付可能な消費者金融に申込むかです。


ということしかありません。地方銀行のカードローンの申し込みを行えば、旦那が収入を持っていることが地方銀行側で確認できれば問題ないので、別の証明書などを提出する必要性はありません。そのまま必要な情報を書き込んで申込みを完了させておきます。

後は審査を通過出来れば利用可能となります。契約が完了すると振込融資は平日の可能時間内であればその日に振込融資は可能な状態となりますが、カードは後日郵送ということになります。

カードが届けば提携ATMか、その地方銀行のATMまで行ってキャッシュカードを入れ、カードローンの手続きを完了させれば融資を受けられるようになります。

ただし、地方銀行でも専業主婦の申込めるカードローンは少なく、地域制限(その銀行の営業区域内に住んでいる、若しくは勤務している)があるので、その二点もしっかり確認しないと申込めません。

配偶者貸付のある貸金業者のカードローンなら、専業主婦でも即日融資も可能です。ただしそのカードローンのサービスに即日融資があるのかどうかを確認しておかなければなりません。

また配偶者貸付を導入している貸金業者は少なく、編集部の調査でもベルーナノーティス以外は見付かりませんでした。ベルーナノーティスの場合は即日カード発行は無理なので、契約してから振込みしてもらう以外には即日融資の方法はありませんので、振込融資に間に合う時間までに契約を完了しておかなければなりません。