消費者金融を利用する場合は、一般的にも名前が知られている大手の業者を利用するというのが安心できる方法のひとつといわれています。アコムやプロミス、SMBCモビットなどの業者名については、

 

実際に大手以外の消費者金融を利用している人って大勢いるのかなぁ?


実際にそれらの業者を利用したことがない人であってもその名前を聞いたことがあるという人も多いはずです。では消費者金融業者はこうしたところしかないのか?といえば、決してそのようなことはありません。

 

大手で借りれなかった人は大手以外の消費者金融を頼るんじゃないかい!


貸金業法に基づいて融資を行う消費者金融にはこうした大手以外にも様々なところがありますが、こうした大手以外の消費者金融ではどのような審査を行っているのでしょうか?

中小消費者金融に対するニーズとは?

その前に大手以外の消費者金融を利用する場合についてですが、どういう時に利用することを考えるのかといえば、「大手の消費者金融で審査に通らなかった」場合です。つまり、「大手では通らなかった」が

 

「中小の消費者金融なら通るかもしれない」という期待感が大手以外の消費者金融に対してあるということだよ。


大手以外の消費者金融であっても、営利目的で「貸金業」を営んでいる以上は顧客を集めなければいけませんし、そのためには顧客のニーズに対応する必要があります。

 

それってチョット危ぶなかしいなぁ。頼りどころがないんじゃあ、不当な金利でも借りる可能性があるんじゃないのかなぁ・・・


例えば、アコムやプロミスなどでは審査にはコンピュータを用いて自動化している部分も少なからずありますが、大手以外の消費者金融ではそれと異なり「人間の目」で審査をしているところも少なくありません。

 

その通りです。中小の消費者金融を利用しない為にも大手で借りれるような信用をつけておくことだよね!


また、審査に必要な時間についても大手よりもはるかに短い時間で完了するといったケースもあるかもしれません。

大手以外の消費者金融にとっては、顧客のニーズに対応するためには「大手と同じことはできない」という気持ちがありますので、審査の基準や内容についても大手とは大きく異なる部分があると考えることもできます。

ただし、こうしたところの審査は中には強引なところもありますので、安心して利用することができるかどうかといえばやはり疑問は残ります。安心して融資を受けたいのであれば、やはり名前の通った大手業者を選ぶべきでしょう。

消費者金融で行われる審査内容の仕組みについて

消費者金融の審査には、大きく分けて2つあります。ひとつは、個人信用情報機関への問い合わせによる審査と、もうひとつは各消費者金融ごとに決められた審査基準による審査です。

個人情報信用機関への問い合わせについては、基本的にどの消費者金融に申し込んでも審査の過程で行われるものとなっています。改正貸金業法の総量規制で借入残高が年収の1/3間でしか貸せなくなった為必ず個人情報信用機関への問い合わせは行なわなくてはいけません。

つまり、アコムで申し込みをしてもプロミスで申し込みをしても確認される情報というのは同じということになります。もちろん総量規制対象外の銀行でも、銀行の個人情報信用機関への問い合わせは行なわれます。

そのため、年収や借入金額について事実と異なる情報を業者に伝えたとしても、

 

それが事実かどうかについては必ずばれてしまうという仕組みになっているのです。


また、アコムで審査に通らなかったからといってプロミスに申し込んだ場合にも、「アコムに申し込みをした」といった情報が登録されることになります。

次に、もうひとつの審査過程である「独自の審査基準」についてですが、これについては文字通り審査を受ける業者によって基準が異なるため、審査内容は一律のものではありません。個人情報信用機関への問い合わせは、あくまでもその人の申し込み内容が事実かどうかの確認であり、

 

それに加えて過去の実績として問題がないかどうかを判断するために行われます。


そのうえで、この人に融資を行って問題がないかどうか、行うのであればいくらまで行うのかを判断するのが業者独自の審査基準となります。

この段階では確認された情報を業者がどう判断するかによりますが、一般的には年収と借入のバランスに問題がなければそのまま融資可能と判断される場合が多いようです。

 

ただし、そのうえで融資を受けることができる金額についてはそれぞれの業者によって異なります。


また、その人が申し込んできた希望金額についても融資可能かどうかについての判断に関係することになり、高額の融資を希望しているのであれば審査についても慎重に進められることになります。消費者金融の審査の仕組みは主にこうした背景がありますので、申し込む前に一度確認しておきましょう。

消費者金融に借り換える場合の審査で注意する事

通常金利の高い消費者金融に借り替えようとする事は傍から見ていればありえないでしょうが、実際には多々起こりうることなのです。なぜかと言うと、

 

金利の低い銀行カードローンは非常に審査が厳しいからです。


ですから金利の低い銀行カードローンの借り換える際には審査が通らないと言うことも多々起こりうるのです。