アコムへの返済は払える時に多めに行っておくことが大切

アコムでは「返済期間」というものが定められています。これは、アコムから融資を受けた分についてはその返済期間内に返済してください、というものを定めた期間です。

 

アコムでは1~30万円の融資を受けた場合には最長で3年の返済期間が設定されています。


つまり『いきなり全額返済する必要というのはなく、ゆっくりと時間をかけて返済をして構いませんよ。』というものですね。仮に30万円の融資をアコムから受けた場合にいきなり全額30万円ポンと支払いができるという人はそう多くはないでしょう。特にアルバイトやパート収入で借りてしまった方などは毎月の返済額も少なくなってしまいますよね?

そもそもそれができればアコムでお金を借りる必要などないわけであり、逆に言えばそうした「まとまったお金」がないからこそアコムでお金を借りるということが必要となります。

 

実際にアコムでお金を借りる人の多くはこうした「お金に対する悩み」を抱えている人であり、その後の返済についても何回かに分けてゆっくりと時間をかけて返済を続けるというケースがほとんどです。


なお、この「返済期間3年」というのは一度借りたお金に対してその後全く再利用をしなかった場合についての話です。アコムでは返済した分については繰り返し利用ができますので、もしもそういったことをしていた場合にはさらに返済期間が伸びることになります。

もちろん返済期間が伸びればそれだけ支払う利息も多くなりますので、

 

やはり少しでもまとまったお金が手に入った場合にはできるだけ多めに返済をしておくことが大切です。


アコムでは基本的に分割での返済をする人が多いとは言え一括での返済に対応していないというわけではありません。

また、一回あたりの返済金額についても最低金額こそ定められているものの上限金額が決められているわけでもありませんので、返済できる時にがんばって多めの支払いをしておくというだけでもかなり違ってきます。

頭では理解ができていてもなかなか難しいのがアコムへの返済というものです。少しでも返済を早く、楽にするためにはどうすれば良いかということを常に考えておきましょう。

アコムの返済で口座振替にはどんなメリットとデメリットがある?

アコムでは返済方法のひとつとして口座振替が用意されています。これは、たとえば公共料金の支払いなどと同様に指定銀行口座から自動引き落としでアコムに返済を行うことができる方式です。

 

この口座振替のメリットとしては、やはり毎月決まった時期に引き落としが行われるという点にあります。


しかも自動で行われるため、毎月の返済日にあわててアコムのATMまで足を運ぶといった手間もなく、ただ銀行の残高さえ気にしていればそれで良いという手軽さです。そのため、毎月のアコムの返済日をうっかり忘れてしまったりといった場合でも問題なく返済を行うことができます。

口座振替のもうひとつのメリットは、毎月一定の金額がアコムに返済されるため、毎月の公共料金の支払いと同様に家計の「固定費」として計算することができる点にあります。アコムの返済には計画的なスケジュールをたてることが重要となりますが、こうした点を考えると、口座振替はアコムの計画的な利用に大きく関係するといえるでしょう。

 

それに対して、口座振替を利用する場合のデメリットとしては、ひとつは引き落とし日が選択できず6日に固定されるという点にあります。


アコムへの返済は、できれば給料日の後などのようにお金に余裕がある時にしたいものですが、6日となると人によっては公共料金などの支払いが終わった後で少しお金に余裕がない時期だったりする場合もあります。

口座振替以外のアコムの返済方法では返済期日を自由に選ぶことができるだけに、アコムが指定した日に引き落とされる口座振替は、人によってはややデメリットになる可能性があります。

次に、口座振替を選択した場合には現在自分がどれだけ返済できているのかということがわかりにくいという点があり、それをカバーする意味で毎月利用明細書が郵送で送られてきます。

もちろんアコムの名前で郵送されてくるわけではありませんが、「アコムから何かが届く」ことは事実であり、家族と同居している人であれば怪しまれる可能性があるということも覚えておきましょう。

アコムの店舗窓口で返済をすることのメリットを考える

アコムでは様々な返済方法が用意されています。実際にアコムでお金を借りるにあたって、最も気になるポイントとしてはやはり「返済」に関しての部分ではないでしょうか。

お金を借りるまではどうすれば無事に審査に通るのか、いくらまで借りることができるのか、といった点を気にする人が多いのですが、

 

実はアコムでお金を借りること自体はそれほど難しいものではなく、むしろその後の返済について気になる人が多いようです。


さて、そんな返済方法ですがアコムで用意されている返済方法としては、専用ATMや提携ATMを使っての返済や、口座振替などがあります。ほとんどの場合はATMを利用してアコムに返済を行っていますが、ここで少し変わった返済方法を紹介しましょう。

 

それは、「店舗窓口で返済する」というもの。


アコムといえばインターネットでの申し込みをはじめ、自動契約機「むじんくん」などのようにアコムのスタッフと直接顔を合わせて契約をすることが非常に少ない業者です。

また、実際に利用が開始した後についても基本的には相互に連絡をとるといったこともありません。

 

そのうえで敢えて店舗窓口まで行って返済をするそのメリットについてですが、ひとつは「手数料がかからない」という点です。


銀行などの提携ATMは確かに便利なのですが、こういったところを利用すると金額に応じた手数料が発生します。それなら専用ATMを使えば良いと思われるかもしれませんが、ここで店舗窓口での返済のもうひとつのメリットとなるのが「スタッフと直接顔を合わせることができる」という点です。

店舗窓口には言うまでもなくアコムのスタッフがいますので、そこに返済に行くことで返済についての相談などをすることができます。

ただ漫然と支払いをするのも良いかもしれませんが、どうすればもっと返済が楽になるのか、そういった疑問点があるのなら敢えて店舗窓口で返済を行うのも良いでしょう。もちろん毎回店舗で返済をする必要はありませんが、少しでも気になることがあれば直接訪問して返済を行うのもひとつの手段といえます。