オリックス銀行カードローンにもやはり在籍確認がある

オリックス銀行カードローンにも当然ながら申込者の会社に在籍確認の電話をする事になります。オリックス銀行はネット銀行なので店舗はありません。

なのでネットのみの申し込みになりますが、オリックス銀行カードローンの保証会社であるオリックス・クレジット株式会社又は新生フィナンシャル株式会社審査が可であれば、翌日に警察庁の反社チェックデータベースと参照することになります。

 

なのでもちろんオリックス銀行カードローンは、申込日の即日融資はできません。最低でも融資までに二、三日掛かってしまうのです。


ここで『反社ではない』となれば、初めてオリックス銀行カードローンから電話が掛かってきて、

 

『勤務先に電話するけど大丈夫?』


と勤務先への在籍確認の電話を掛けることの承諾を得てきます。もちろんこんなタメ口ではないですが・・・

ここで『それは困る・・・』と返しても、在籍確認が取れないことにはオリックス銀行カードローンの審査は完了しませんので、契約することができません。

しかし在籍確認の電話って会社に掛けられるとほんと困りますよね。

 

なんかあらぬ疑いを掛けられる要素になるからなぁ。集金業務もあるからお金に困ってるのを知られると、会社でお金が無くなったときに疑われるし。


 

女なのに借金することが職場にバレたら恥ずかしい。


 

カードローンの申し込みがパート先に知れたら仲間になんて言われるか・・・


このようにオリックス銀行カードローンでは、必ず行われる勤務先への電話確認による在籍確認は避けられません。他のカードローンでも必ず勤務先に電話を掛けられることになりますが、

 

プロミスなら勤務先への在籍確認の電話を、別の方法で確認する相談ができるので、勤務先への電話を回避することも可能です。


プロミスならオリックス銀行カードローンにはない初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能)もありますし、最高金利が適用されることがほとんどのカードローンで実質年率17.8%とオリックス銀行カードローンとおなじなので、金利・利息に関しても申し分ありません。

相談方法は簡単。申し込んだ後、審査後にプロミスからでんわがかかってきますので、その際に『会社に電話して欲しくないんですけど』と相談すれば、オペレーターが別の在籍確認方法を案内してくれます。

オリックス銀行カードローンの在籍確認の電話に困ったらプロミスに相談

プロミスなら会社への在籍確認を別の確認方法でする相談も可能

プロミスレディース

プロミスでは在籍確認の電話を別の方法で済ませる相談が可能です。ネット申込み後にプロミスに電話するか、申込み内容確認の電話の際に相談するかしてみましょう。
即日振込も口座登録すれば原則24時間365日最短10秒で振込可能です。
大手消費者金融での低金利は目を見張るものがあり、初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)も併用すれば利息圧縮幅も大きくなります。

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 最高500万円

どれぐらいかかる?オリックス銀行カードローンの在籍確認を含めた審査の流れ

オリックス銀行カードローンでは、融資を申し込んできた人を対象に審査を行っています。もっとも、審査についてはオリックス銀行カードローンの利用に限らず消費者金融や他の銀行のカードローンであっても同様に行われますので、審査があるということに対して意外に思うことはないでしょう。

審査の流れについてですが、まずオリックス銀行のホームページよりカードローンの申し込みを行います。ここでは各種個人情報など様々な情報を入力し、送信することでオリックス銀行にその情報が送られます。

その後審査に入るのですが、審査結果が出るまでには最短で即日となっています。なお、この審査結果が出るまでの時間については必ずしも即日というわけではなく、審査を申し込んだ時間帯や希望する金額によって

 

オリックス銀行での審査に必要な時間は異なるという事です。


オリックス銀行ではカードローンの申し込み受付を24時間行っていますが、当然ながら深夜に申し込みをしたとしてもその結果の受取については翌日以降となります。オリックス銀行の審査の結果についてはメールや電話、書面などで連絡が入ります。

 

高額の申し込みになると、より慎重な審査がされることとなりますので時間が掛かることになります。


そうしてオリックス銀行カードローンの保証会社の審査が終わると、翌日に反社チェックがあります。警察庁のデータベースに参照する為、土日祝日などが絡むとさらに日数が掛かる場合がありますが、銀行カードローンはすべてこの作業を経ることになります。

こうして長い時間の掛かるオリックス銀行カードローンの審査結果の受取は、メールアドレスの登録が完了していれば指定したアドレスで受け取ることも可能ですが、それ以外の場合には電話または書面で連絡が入ります。この段階で融資不可能と判断されれば手続きはそれで終了となりますが、

 

融資可能という結果になればオリックス銀行より電話連絡が入り、最終的な意思確認になります。もちろんこの段階で契約しないという選択をすることも可能ですが、ここで融資を受けると回答した場合に電話終了後在籍確認の電話が勤務先に入ることになります。


ここまで問題がなければローンカードが郵送されてきますが、その後身分証明書など必要書類の提出をしなければならず、ここで不備がなければローンカードが有効となります。

ここまでにかかる時間としては、郵送でカードが送られる関係から数日ほど必要となり、また、土日祝日については申し込みは可能ですが審査を受けることはできません。

店舗もキャッシュカードもないオリックス銀行のカードローンを利用するメリットとは?

オリックス銀行の特徴には様々なものがありますが、その最大の特徴といえるのが「無店舗」であるというものではないでしょうか。現在、オリックス銀行以外にも店舗を持たない銀行はたくさんあります。

いわゆる「ネット銀行」と呼ばれる銀行のほとんどは現実世界の中に店舗を持たず、

 

入出金については提携している銀行やコンビニのATMから行うといった仕組みを採用しています。


なのでオリックス銀行のカードローンの借り入れも、提携ATMで引き出し若しくは振り込みによる融資ということになります。ただし、オリックス銀行のカードローンの借り入れや返済の場合、提携ATMの利用手数料は無料になります。

 

しかし、オリックス銀行が他のネット銀行と異なる点として、「キャッシュカードを発行していない」というものがあります。


他のネット銀行であれば、店舗こそないものの先述のATMを利用するためのキャッシュカードを発行していますが、オリックス銀行ではこうしたカード類を発行していないため、ATMを利用してオリックス銀行の口座からお金を引き出すということはできません。

これではオリックス銀行の口座を利用するうえでデメリットの方が大きいのではないかと思われるかもしれません。(現在はオリックス銀行カードローンの拡販と共に提携ATMが増えオリックス銀行の審査も厳しくなってきている状態です)

ATMが使えないということは、いわば預金しているお金を自由におろすこともできないということでもありますので、かえって面倒になるのではないか、というのは自然な発想でしょう。

 

実はここにオリックス銀行が他のネット銀行と一線を画す特徴があります。


オリックス銀行は「定期預金」の金利が極めて高いという特徴を持っており、無店舗であることやキャッシュカードを発行していないということでコストを削減し、その分を「高金利」という形で還元しています。

そのため、オリックス銀行とは通常の銀行のように日常的な預貯金のために利用するのではなく、定期預金に特化した利用方法がおすすめといえます。

オリックス銀行の定期預金では最大で5年のコースが用意されていますが、同じ5年定期預金をするのであれば金利が高いところに預けていた方が満期時に受け取ることができる金利に大きな差があることは言うまでもないでしょう。

しばらく引き出す予定のないお金があるのであれば是非オリックス銀行で定期預金をご検討ください。一方の消費者金融などでは店舗、無人契約機などはありますが、ネット契約での申込みが増えている事はいうまでもありません。

自宅に居ながらお金が借りられるオリックス銀行カードローンは在籍確認が必要?

オリックス銀行はネット銀行ということもあり多彩なサービスを展開していることでも知られています。そのひとつが、オリックス銀行カードローンです。オリックス銀行カードローンの特徴は、年1.7%~17.8%という低金利に加え、最高で800万円まで融資を受けることができるという点にあります。

 

そのうえネット銀行であることから、インターネット環境さえあれば自宅で申込から契約まで手続きを進めることが可能です。


来店不要というかはオリックス銀行は店舗がないので当然ですが、消費者金融などでよく耳にする『来店不要』ということがありますが、地方銀行などは来店しなければならないところもあり、銀行カードローンとしては便利な部類に入ります。

さてそんなオリックス銀行カードローンですが、審査においては当然ながら在籍確認が行われます。自宅ですべて手続きができるのだから在籍確認をしないのではないか、と思われるかもしれませんが実はそうではなく、

 

その理由としてはオリックス銀行カードローンの利用条件がひとつの根拠となっています。


オリックス銀行カードローンの利用条件を確認してみると、「安定かつ継続した収入の見込める方」という条件が記載されています。さらには原則として学生や年金受給者、専業主婦を含めた無職の人は利用ができず、

 

以前は前年度税込年収が200万円以上の人を融資対象としていました。(現在は収入制限なし)


つまり、安定して収入を得ている人でなければオリックス銀行でお金を借りることができず、そして「安定した収入」を得るための方法として給与収入があるのであれば、その根拠を確認したいというのが在籍確認を行う理由です。

当然オリックス銀行の在籍確認なども同様です。ところでこのオリックス銀行のオリックス銀行カードローンにはもうひとつ利用条件が設けられており、それは「当行に普通預金口座をお持ちの方」というものです。

普段からイオン系列の店で買い物をする、あるいはオリックス銀行を利用するという人であればともかく、もしもそうでないのであれば敢えてオリックス銀行でお金を借りるために口座を作る必要性は薄いかもしれません。