金融機関からお金を借りる場合、必ずついてくる確認作業が在籍確認です。返済の原資である給料が現在も継続して支払われているかの確認のためにこの在籍確認は避けることはできません。

プロミスでももちろん在籍確認はあります。その方法としては、

 

プロミスから在籍会社に電話があり、呼び出されて確認を取る。


という内容のものです。もちろんどのカードローンでも、住宅ローンのようなローンでも、この在籍確認は避けることはできません。

 

プロミスから会社に電話して欲しくないんだけどなんとかならないかなぁ?


こういった希望を持つ申込者は多く、特に現金を扱っている会社に勤めてる方や、女性の方は会社にカードローンを申込んだことをバレたくないと考えている方も多いようです。

 

在籍確認自体は避けることはできませんが、会社への電話確認は別の方法で確認する相談も可能です。


プロミスの在籍確認の電話は別の確認方法に相談可能

プロミスなら会社への在籍確認を別の確認方法でする相談も可能

プロミスレディース

プロミスでは在籍確認の電話を別の方法で済ませる相談が可能です。ネット申込み後にプロミスに電話するか、申込み内容確認の電話の際に相談するかしてみましょう。
即日振込も原則24時間可能で手持ちの口座に可能ですし、三井住友銀行・ジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行の口座であれば登録すれば24時間365日最短10秒で振込可能な瞬フリもあります。
大手消費者金融での低金利は目を見張るものがあり、初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)も併用すれば利息圧縮幅も大きくなります。

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 最高500万円

こんな場合プロミスの在籍確認はどうなる?

プロミスから在籍確認の電話が掛かってきた時に会社に居なかったらどうなる?

プロミスから在籍確認の電話が会社に掛かってきた時に、申込者が会社に居ないということは多々あります。例えば、

 

  • 外回りに行っている時
  • 休日で家や出先にいる時

以上の場合には会社に居ることはできません。営業職をしている方ならほとんど会社には居ないでしょうし、これで在籍確認が完了できなければいつまでたっても契約できません。

 

こういった場合はプロミスから電話がきて、申込者の不在が確認できたところで在籍確認は完了します。


在籍確認は申込者が現在も会社に在籍していることを確認するのが本来の目的ですから、

 

『不在と伝えられた事=現在も会社に在籍しています』という意味になるのです。


ですので会社に本人が不在でも在籍確認は完了し、契約することができます。

プロミスの在籍確認なしで契約することはできるのか?

冒頭でも説明しましたが、プロミスをはじめその他のカードローンやローンと名の付く商品には、必ず在籍確認が必要となります。

 

折角変先可能かどうかの審査を経たのに、『実際現在は会社を辞めているので収入がない』ということがないようしっかり確認しなければならない項目ですし、金融庁からのお達しでもあります。


プロミスも在籍確認の電話を相談することはできますが、会社に電話する代わりの別の確認方法を提案してくれるので、在籍確認なしになる訳ではありません。ただし、会社への電話は掛からないようにすることもできるということですね。

派遣社員はプロミスの場合在籍確認の電話はどこに掛かる?

派遣社員の場合在籍確認の電話が、

 

  • 派遣先
  • 派遣元

どちらに掛かってくるのかは気になるところです。プロミスの場合は、

 

派遣元に掛かってくるようになっています。


申込フォームにはしっかりと、『派遣社員の方は派遣元の会社名を入力してください』と明記されていますので、プロミスの元には派遣元の電話番号しかないので、派遣先に電話しようもありません。

利用者からすれば、派遣元はパートナーという意味合いが強いので、バレても差し支えないですし、逆に契約してもらっている派遣先には余り知られたくないですよね。

プロミスに土日祝日に申込んだ際の在籍確認の問題点

土日祝日にカードローンに申込んだ時に起こる問題が、

 

  • 土日祝日にも審査は受け付けているのか?
  • 金融機関の休業日に融資は受けられるのか?
  • 在籍している会社が休業日に在籍確認可能なのか?

という項目が挙げられますが、プロミスでは全ての問題を解決することができます。

土日祝日にも審査は受け付けているのか?

銀行カードローンなんかは、土日祝日の審査をしていないものもあり、金融庁の規制以降は審査に二日以上掛かってしまうので、そもそも即日融資はしようもありません。

銀行カードローンは審査が二日以上掛かるということは、在籍確認も審査後となりますので当然その日のうちには電話は掛かってきません。

 

プロミスなら年末年始を除いて、9:00~21:00まで原則審査回答している(個人の与信によります)ので、土日祝日でも問題ありません。


金融機関の休業日に融資は受けられるのか?

このほど全銀システムの稼働時間拡大により、振込が原則24時間可能となりました。

 

プロミスはこれに対応しているので、原則24時間振り込み融資が可能ですので、金融機関の休業日でも問題なく振り込み融資も可能です。


在籍している会社が休業日に在籍確認可能なのか?

当初から説明している通り、

 

プロミスは会社への電話による確認を、別の確認方法での相談が可能なので、在籍している会社が休業日でも問題ありません。


申し込みの際の本人確認は会社が休業日でも免許証か健康保険証+1点(住民票など)で確認できますので、審査通ると在籍確認の相談、若しくは在籍会社が休業日で誰も出ない旨をオペレーターに伝えれば、会社に電話かかってくる事もなく別の確認方法を案内してくれます。

プロミスでは在籍確認後審査が否決されることはあるのか?どのタイミングで在籍確認は行われる?

プロミスの在籍確認は、審査を通過すれば申し込みの内容を確認する電話が本人に掛かってくるので、確認された後に、

 

ご在籍の会社に電話にて確認しますがよろしいですか?


と在籍確認をすることの承諾を求めてきますので、承認すれば実行されるというのがタイミングです。ですのでこれといって在籍確認が実行される時間帯は決まっていません。

在籍確認後審査が否決される事はほぼないといってもいいですが、万が一現在は退職しているのに、勤務先としてプロミスに申告しているのであれば、現在は在職していないことが在籍確認で判明し、審査は否決となってしまいます。

パートやアルバイトでもプロミスから在籍確認の電話が掛かってくるの?

パートやアルバイトの場合、プロミスを提供するSMBCコンシューマーファイナンスが消費者金融の為、総量規制により年収の1/3までしか貸せませんので、審査結果はどうしても小額の借入枠になります。

 

しかしパートやアルバイトで小額の借入枠だからと言って、在籍確認が免除になるわけではありません。プロミスだけではなくどんなカードローンでも、しっかり在籍確認はされます。


ですが困ったことに、

 

バイト先に私用の電話なんか掛かってきたら、先輩や店長に怒られる。しかも現金商売なので、あまりお金に困ってる感を出したくないし・・・


 

パート先でカードローンの申し込みが仲間なんかにバレたら、たちまち職場で噂になっちゃうので恥ずかしい・・・


正社員の職場よりも深刻ですよね。ですがプロミスなら大丈夫。パート・アルバイトの方でも、プロミスに相談して会社への電話とは別の確認方法でしてもらえるよう相談しましょう。

お金を借りるための在籍確認はなぜ行われる?

プロミスやその他のカードローンで在籍確認が欠かせないのはなぜ?

お金を借りるためにはほとんどの場合一定の収入(安定収入)が必要です。

 

それはもちろん収入の中から借りた分に対しての返済を行のですから当然ですよね。


それ以前にある程度の収入があると判断できなければお金を貸す側も安心はできないでしょう。また、本当は勤めに出ていないのにもかかわらず

 

虚偽の情報を記載した状態で申し込むといったケースもあるかもしれません。


こうした不正なども防ぐことを想定して、プロミスやその他のカードローンも学生(アルバイトで安定収入のある20歳以上の)でも「在籍確認」が行われます。これは申し込んできた人の勤務実態を確認することによって、その人の得ている収入が正当なものかどうかを同時に確認することでもあります。在籍確認の方法としては、

 

多くの場合勤務先に担当者が直接電話連絡を入れるという方法で行われます。


電話をかけてその人がそこに在籍しているかどうかを問い合わせるというものですがあくまでもその勤務先にその人がいるかどうかを確認するだけなので電話そのものはすぐに終了します。

 

また担当者名で電話してきますので余程でないとカードローン会社からの電話と電話口の方が気付く事はありません。


最近では個人情報保護からむやみに電話に応じない企業もあるので在籍確認においても注意が必要

しかし、最近では個人情報保護の観点から企業によっては素性の知れない相手からの電話については対処しないというケースもあります。

特に銀行や消費者金融からお金を借りる場合の在籍確認ではその業者名を名乗らずに個人名で電話連絡をしてくる場合がほとんどなので、勤務先からすれば今まで全く取引のなかったような相手から電話がかかってくるようなものです。

これでは警戒するなというのも無理な話であり、また、大きな企業の代表番号ともなれば敢えて個人名を名乗ってもその相手が銀行や消費者金融であるとばれてしまう可能性もあります。

 

消費者金融や銀行などでお金を借りる場合のシステムは従来に比べると確かに進化していますが、在籍確認を行うための方法そのものは旧態依然なのが現状です。


それに対して社会を取り巻く情勢というものは常に変化をしており、業者が行う在籍確認の方法についても変化が必要な時期に来ているのかもしれません。

 

そういった意味でも在籍確認の確認方法の相談ができるプロミスは、柔軟な対応をしてくれるカードローンということが言えます。


なお、在籍確認についてはお金を借りる際にどのような方法で行われるのかをあらかじめ相談してみると良いでしょう。アイフルの在籍確認でも電話連絡の相談を受けてくれることもあります。